スニーカーレビュー

履き心地抜群 newbalance m15009 サイズ感等レビュー

投稿日:2019年11月14日 更新日:

newbalance m15009とは

今回レビューのnewbalance m15009とは、今年で30周年を迎える、m1500のアッパーに、今も何年かごとにnewbalanceの最新技術を注ぎ込まれるフラッグシップモデルm990のソールを合体して作られたハイブリットモデルのスニーカーです。

newbalanceの型番の頭にmがついているもの、すなわち高いです。2万5千は全て超えてきます。これはアメリカ、もしくはイングランド製を意味しており、全てハンドメイドで作られ、革など素材も高級なもので作られます。ほんとに履き心地は値段相応かそれ以上、とても気持ちいいんです。

m1500とは

m1500といえば、30年前のフラッグシップモデル、当時の最新技術を注いだスニーカーです。。ニューバランスの中では見た目がちょっと変わっています。いつものサイドのNロゴが小さく刺繍で配置されています。自分はこのNロゴが大好きです。なんかnewbalanceなんだけど、人と違う感がしますよね。アッパーの素材もとても良くて気持ちいいんです。

m990とは

今年、また最新版が出たばかりのm990。最新版はv(バージョン)5。このm15009に搭載されているのは、v3のソールです。なんで最新を入れないのか、なんかアッパーとの相性とかあるんですかね、わかりませんがちょっと前のです。

とはいえ、抜群のクッションです。昔からのnewbalanceのクッションencapが使われていますが、反発性をすごく感じます。しっかりクッションして、なおかつ反発して歩くのを後押ししてくれます。v4、v5とまだ履いたことなですが、今までのnewbalanceで最高のクッションと思います。

ハイブリットのディテール

完璧な履き心地

上記の二つが合体したんですから、履き心地最高っす。

中間のサイズ感

m1500よりは幅が広め、m990よりは全体的にサイズ感小さめと思います。newbalanceにはSL-1とSL-2の二つラストのパターンがあります。足の先っちょが広めがSL-1、細目がSL-2です。m15009はSL-2ですが、その中でもサイズ感が広く感じました。

newbalanceのスニーカー全体的にですが、長さが全部長い気がします。ダンクと比べても長さはちょっと長いです。幅はちょっと細目ですが、素材がいいのでぎちっと履いたほうがアッパーの気持ちよさを感じれます。

重さと高さ

靴の重さは片足358g。標準的。

かかと部の底の高さは、3.8㎝と高めです。

newbalance m15009 まとめ

ハイブリットって、なんか敬遠しがちですが、良いものは良いです。履き心地には絶対の安心があります。今回レビューのこのモデルm1900CV他、結構安くなっているのもあるので、一つ試してもいいモデルと思います

-スニーカーレビュー
-

Copyright© wonderland of barbara , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.