スニーカーレビュー

ニューバランス屈指の傑作m1700をレビュー

投稿日:2019年12月7日 更新日:

m1700とは

ニューバランスの20年前に発売された、当時のフラッグシップ(最先端)モデル。1300~1700。1800はなかったはず(多分)と続いたシリーズの傑作といっていいと思います。多分最後だし。

m1700はあまりカラーリング展開や、発売されないモデルです。2~3年前に復刻されて、一回完売されたけどまた出してくれました、多分在庫なくさないようにしてる気がします。基本のグレーと何色かしかないです。

今回レビューのこのカラーは復刻カラーらしいです。当時一部地域(アメリカだったか、イングランドだったか)限定で発売されたようです。紐の色変えています、ほんとは白です。今売ってるのグレーとこのホワイトしか見ないです。あとmじゃなくcm(簡単にいうと廉価版。メイドインアジア)かって感じ。

ちなみに、今年で20周年。ですよね!?m1500は30周年モデルたくさん出して、m1700は出さずに2019年終わってしまいますけども。

足が疲れない圧倒的なパフォーマンス

先日いとこの結婚式で東京に行き、ついでにディズニーやらその他歩き回ったのですが、この靴を履いてたらなんにも足が疲れなかった。ほんと3日くらい歩きっぱなしでしたが、体力的に疲れても足はまだまだ大丈夫って。次の日以降もぴんぴんでした。

この靴履いてディズニー行ったら全然疲れない!なんて他の方のレビュー見たことあるけど、そんな疲れるってって思っていたけど、だからあえてm1700を履いていったけど、ちょっとほんと舐めていました。ごめんなさい。

抜群の履き心地

ニューバランスのスニーカーは総じてそうですが、履いてすぐアッパーの気持ちよさに驚きます。特にm〇〇〇シリーズ。まあお値段も3万円超えてきますからね。履き心地抜群です。

例に漏れず、m1700もアッパーほんと気持ちよいです。なんならこれは4万越えるオールレザー仕様なので、他よりよい。めちゃめちゃ気持ちいい履き心地です。

そして、ニューバランスは総じてクッションは最初固く感じます。てか徐々に柔らかくなります。その中でも、固い方と柔らかい方に分かれると思うのですが、これは柔らかい方です。アブソーブというクッションがフルレングスで搭載されており、今まで履いたニューバランスの中では柔らかいと一番感じました。

m15009のクッション(990v3のクッション)は反発性を強く感じますが、こちらはそれほど反発性は感じず。その変わり、沈み込む感じを強く受けます。それがちょうどよく、疲れないように、適度に気持ちよく沈んでくれています。

重量は片足393g。ちょっと重めですが気にならず、逆に安心感があります。

結果履き心地、最高です。ほんとニューバランス屈指の傑作。お値段を超えてきます。

厚底

ちなみに厚底、4㎝くらいあります。

SL-1ラストのサイズ感

前回のレビューでも言いましたが、自分はニューバランスのサイズ感大きいなあと思います。

単に長さが長い、写真のダンクと比べても、長い。m1700はSL-1(ニューバランスの作り。つま先部分の広さが変わる。SL-2の方が広い。)なので狭めですけど、全然余裕あって分厚い靴下履いても大丈夫くらいサイズ感です自分。

ちなみに、ニューバランスって、サイズ表記UKサイズが他と違うので注意です。

自分の場合、26㎝、US8、UK7が普通。

ニューバランスは、26㎝、US8、UK7.5になります。

UKはハーフアップになっています。海外で買うときとか特にお気を付けください。

NBの本気がつまっています

ニューバランスの中でも最高クラスのm1700は履き心地は抜群、値段は高いけどねって感じです。

あと、ニューバランスはリペアをやってくれます。ソール交換や、履き口回りのリペアだったり、できない物もありますが、m番代はだいたい。これもしてくれるんで、履きつぶしても大丈夫かなと、まあ1万2万かかるので新しいの買っちゃいそうですが。

ほんと足疲れないので、レビューを見て気になる人は、長距離歩く用で一足あっていいと思います。サイズ感にはお気をつけて。

20周年モデルを早くお願いしたいですね。

-スニーカーレビュー
-

Copyright© wonderland of barbara , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.