スニーカーレビュー

【80年代スニーカー】アディダスキャンパスのサイズ感、履き心地レビュー

投稿日:2020年1月2日 更新日:

定番スニーカーアディダスキャンパス

アディダスの定番モデルキャンパスの紹介です。アディダスといえば、スタンスミス、スーパースター、そしてこのキャンパスが有名かと思います。

前者の2つとキャンパスが大きく違うこと、それは素材がスエードなこと、そしてそのおかげかカラーバリエーションが豊富なこと。

今回レビューのこちらは、80年代に発売されたキャンパスを忠実に再現しつつ、最新のテクノロジーも使われている、一昨年くらいに発売のモデルです。

現行発売されているキャンパスもたぶんこれ、ピッグスキンヌバックに、インソールはオーソライトで、シンセティックレザーのライニング(履き口周り)で、カラーはアッシュブルーです。

履き心地レビュー

履き心地は、まぁこの当時のコートシューズって感じです。プーマのスエードやクライド、ヴァンズのオールドスクール、ナイキのブレーザーあたりの履き心地に近いです。

インソール

今回のレビューのこのモデルでいうと、それらよりもソールを硬く感じました。ちゃんというとオーソライトによるインソールが薄く、硬く感じます。

オーソライトとはインソールの特殊素材で、足が蒸れないように通気性が良くなるのですが、それのせいかインソールを薄く感じ、ソールは通常のゴムソールで硬いのでそれをダイレクトに感じます。

アッパー

アッパーの素材はとてもいいので気持ちいいです。履き口回りも天然レザーにして欲しかったかなと思います。

サイズ感

長さは長いです。幅はちょっと細目。

アディダスの特にこのようなコートタイプのスニーカーは自分の足とあまり合わないです。どこがというと土踏まずです。

土踏まずの位置が前方にありすぎてそこだけあたるんですよね、履いていて足のベストポジションがずっと見つからない・・・。自分だけかもしれませんが。

ナイキダンクと比べても見た目フォルムは同じ、もしくは大きく見えるんですけどね

重さと厚さ

靴の重さは片足350gで標準的。

かかとの厚みは、2.8㎝くらいで薄め、コートシューズの中では普通と思います。

古き良きスニーカー

レビューのまとめとしては、履き心地は昔ながらでお世辞にも良いとは言えませんが、それが良いって感じです。

古めのスニーカーのレビューで同じようなこと言っていますが、その昔ながらの履き心地は自分は好きです。

見た目にもいろんなファッションに合いますし、カラーも色々あって選べるので、ぜひ一足手に取ってみてください。

-スニーカーレビュー
-

Copyright© wonderland of barbara , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.