コラム

ニューバランスのクッションの種類や違いまとめ【一番はどれ?】

投稿日:2020年2月17日 更新日:

主要なクッション

ニューバランスのクッションにも色々と種類がありますので、主要のまとめてみました。

ENCAP(エンキャップ)

ニューバランスのスニーカーの中でも一番多く使われているクッション。

EVA素材をPU素材(ポリウレタン)で包み込んでいるクッション。ポリウレタンは加水分解しやすいため、ニューバランスが加水分解しやすいと言われるのはこれが原因。

しかし、ニューバランスの気持ちいい履き心地を作っているのも紛れもなくこれが原因。

かのラルフローレン氏が雲の上を歩いているようだと言ったM1300にも搭載されている。

有名なモデルとして、M1300、M1400、M996、M1500、M990等。

C-CAP(シーキャップ)

EVA素材を圧縮させた素材。耐久性の向上と軽量化を実現。

個人的感想としてはクッションがちょっと固く感じます。

また、EVA素材だけなので加水分解がしずらいです。

有名なモデルとしてM576。

M1400やM996等、ENCAPと組み合わせて使われていることも多いです。

ABZORB(アブゾーブ)

足への衝撃を100%吸収、そして反発させるというクッション。

たしかにアブゾーブが搭載されているM1700は、衝撃吸収、クッションという意味では物凄くレベルが高く、足に負担がほんとにかからない。

反発性においてはそこまで恩恵を感じないかも。

重量が重いという面もあり、たしかに重いがそこまで嫌になる重さではない。

有名なモデルして、M1700、M998、M999

REVLITE(レブライト)

ニューバランスの新クッションとしてACTIVA(アクティバ)、 ACTIVA LITE (アクティバライト)ときて、このレブライト。

最新モデルによく使われている、安価なモデルからM2040のような超高級モデルにも使われている。

その他クッション

他にもニューバランスのクッションとして、 N-ERGY(エナジー) やRESHFORM(フレッシュフォーム)・RAPID REBOUND (ラピッドリバウンド) などとあります。一般的なモデルにはあまり搭載されていないクッションたちですが。

また、C-CAPの時に言いましたが、いくつかクッションを組み合わせているモデルがほとんどです。

C-CAPとENCAPというように上記4つのクッションを組み合わせていて、最近のM990v4はENCAPとアクティバライトが使われています。

なので、上記クッションを使われていても、モデルによって変わります。

同じENCAPを使っているM1500とM996でもクッションの柔らかさが結構違います。

結局一番はどれ?

結構前にニューバランスの店員さんにクッションについて聞いたことがあって、

クッションの柔らかさならM1700、反発性とバランスならM990(当時最新のv4でしたが)と言われました。

それか月日が経ち、両モデルを体験しましたが、言っていることがとてもわかりました。

もちろん、自分自身まだ履いたことないモデルもたくさんあるので、一番は決められませんが、その2つは履き心地はすごくいいです。

あと、ニューバランスのクッションって、どれも履いていくうちに柔らかくなって足に馴染んでいくんですよね。多種多様な足の形にピッタリになっていくので嬉しいですよね。

-コラム
-,

Copyright© wonderland of barbara , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.