エアマックス1レビュー

エアマックス1というナイキのスニーカー【サイズ感、履き心地をレビュー】

ナイキのエアマックスの始まり

ナイキエアマックス1スニーカー6

今でも最新モデルが出ているナイキの名作エアマックス。

その最初のモデルのエアマックス1は、1987年発売ですが、今でも新しいカラーやコラボが次々と出ては売れる人気スニーカーです。

関連記事

ビジブルエアー(マックスエアー) エアマックス1 初代エアマックスが登場したのは、1987年。今から33年前です(2020年現在)。初めてビジブル(見える)エアを搭載したモデルです。 ちなみに一番最初の初期ロット[…]

歴代エアマックス

今回のレビューもコラボモデルで、リバティ・ロンドンとのコラボで、花柄で有名です。他にも色々なモデルでたまにコラボしています。

ウィメンズモデルで、相当履きこんでいます(汚くてごめんなさい)が、お気に入りですしレビューします。

ナイキエアマックス1スニーカー1

履き心地

シンプル。

エアーをそこまで感じませんが、そこが逆に履きやすいです。

いわゆる、スニーカーだなっていう履き心地。

多少クッションはあり、シンプルな履き心地なので、誰でも違和感なく履きやすいです。

エアマックス1

重量と底の厚み

靴の重量は352g、素材とモデルによって変わりますが、標準。

かかとの底の厚さは3.5㎝ほど、ちょい厚めですが、エアマックスなら標準。

サイズ感

今回ウィメンズの26.5㎝なので、明確には言えませんが、とりあえず幅が狭い。

長さは余裕がありますが、幅がジャストです。ナイキのクラシックランニングシューズと同じような幅とは思います。

ナイキエアマックス1スニーカー4

加水分解

ビジブルエアーなので、加水分解は必ずします。そこがあまり何個も買いたくない理由なんですよね、でも10年は持ちます。

関連記事

加水分解とは 加水分解とは、スニーカー他靴類に訪れる、スニーカーの寿命のようなもの。 空気中の水分を含んで、物質が変化し、ボロボロと粉々になる現象です。だいたい10~20年ではなります。ポリウレタン素材が基本的になる原[…]

加水分解
ナイキエアマックス1スニーカー2

ナイキのスニーカーの原点

今年(2020年)はエアマックス90が30周年、95が25周年ということで、色々楽しみです。

スニーカーのこれまでの歴史の中でも、エアマックスというモデルは大きな影響を与え続けていますし、このエアマックス1はその始まり。

ナイキの中でも、大きな存在であるスニーカーです。

エアマックス1レビュー
最新情報をチェックしよう!