エアフォース1

メンズ、レディース別おすすめ厚底スニーカー【ナイキ、プーマ、リーボック、ニューバランスから抜粋】

厚底スニーカー

身長の小さめな方(自分も)にはとても嬉しい厚底スニーカー。

いかにも厚底で歩きにくいのは嫌な方へ、おすすめな厚底スニーカーをお教えします。

ちなみに普通のスニーカーのかかとの高さは3㎝前後です。

関連記事

身長を盛れる厚底スニーカー比較検証 厚底のおすすめのスニーカー、盛れる靴について書いていきます。ただ実際どのくらい高さが変わるのか(身長を増したい人は尚更)知りたいと思うので、しっかり測り写真を載せていきたいと思います。 ち[…]

メンズ、レディース兼用

ナイキ エアフォース1

言わずと知れたナイキの名作。

もともとバッシュであることも分からなくなっているくらい、エアフォース1という靴が浸透しています。

かかとの高さは3.8㎝くらい。

関連記事

安心する履き心地のスニーカー、エアフォース1 1979年にエアーテイルウインドが初めてエアーを搭載され、1982年、初めてバスケットシューズにエアーが搭載されたのがこのエアフォース1です。 ナイキの歴史的にも、それと関[…]

エアフォース1レビュー

リーボック ポンプフューリー

言わずと知れたリーボックの名作。

こちらはもともとランニングシューズで、90年代後半のハイテクスニーカーを代表するモデル。

かかとの高さも4㎝前後。ゲタソールになっているのも面白い。

関連記事

リーボックを象徴するポンプフューリー 皆大好きポンプフューリー 、リーボックから90年代後半に出てから25年たった今でも愛される国民的スニーカーです。見た目のインパクトさることながら、履き心地もとても良いんです。なのでレビュ[…]

ポンプフューリーレビュー

エアマックス

言わずと知れた・・・。

モデルは色々あるものの、エアが入っているので大体かかとが高め、4㎝前後あります。

関連記事

ビジブルエアー(マックスエアー) エアマックス1 初代エアマックスが登場したのは、1987年。今から33年前です(2020年現在)。初めてビジブル(見える)エアを搭載したモデルです。 ちなみに一番最初の初期ロット[…]

歴代エアマックス

メンズのおすすめ

プーマ セル

最近のプーマの一押し復刻モデル、セル。

大体90年代後半のモデルです。

特にセルエンデューラはかかとが高い、5㎝あります、買って自分もびっくりしました。

女性が履いてもいいと思いますが、どこか男らしいどんくささがあるので・・・。

関連記事

セルとは プーマのクッションテクノロジー、CELL(セル)。90年代後半のランニングシューズに使われていました。 6角形の細胞のようなハニカム構造で作られており、その空間の空気でクッションするのではなく、仕切りの細胞自体でクッ[…]

セルシリーズまとめ

レディースのおすすめ

ニューバランス系

もちろんモデルによりますが、自分の知っているモデルだと1500、1700、900番台は厚底で、500番台はもともとオフロード用なこともありかかとは低めです。

男性でもいいんですが、女性履いてると自分はキュンとするので・・・。

関連記事

ニューバランスのスニーカーの番号って何?なにが違うの?って方へ、少しでもわかりやすく一覧にまとめてみました。 ニューバランスの番号による違い ニューバランスのスニーカーは大きく分けて500番台、900番台、1000番台とわかれ[…]

m1300

カラーは?白?黒?

カラーは好きな色を選べばいいですが、白だとすっきりシャープで目立たなく、黒だと重く見えるのでどっしりとした印象になります。

エアフォース1
最新情報をチェックしよう!