ノースフェイスヌプシブーティーレビューアイキャッチ

【ブーツ】ノースフェイスのヌプシブーティーWPショートの履き心地とサイズ感レビュー

ノースフェイスの冬にもってこいの防寒ブーツ

ノースフェイスヌプシブーティーレビュー1

普段スニーカーをメインにレビューしておりますが、雪国に生息しているため雪が積もると困るんです。

冷たい、濡れる、滑る等スニーカーだと支障が出てしまいますからね。

なので、1足くらい防寒ブーツを持っておこうと買ったのが今回のノースフェイスヌプシブーティー。

ノースフェイスヌプシブーティーレビュー2

ノースフェイスのヌプシと言えば、ダウンジャケットを思い浮かぶ人も多いと思いますが、そのブーツ版。

今回のこちらは、BEAMSコラボのモデルです。結構毎年コラボしてヌプシブーティーを出してますが、今回のこのカラーはミッドソールが白いのがスニーカーっぽさもあってよいです。

ノースフェイスヌプシブーティーレビュー6

ヌプシブーティーの防寒性

暖かいです。

冬でも雪でもお構いなくスニーカーを履く自分にとっては、恐ろしく暖かい。

THERMO LITE(サーモライト)が搭載されているので、熱を逃さずに断熱されるのに外部からの空気を取り込みサラサラが続き、軽量でストレッチ性があるという、なんかすごいファブリックがアッパーに使われています。

また、TEKWPROOFというノースフェイス独自の防水素材が使われており、防水性もあります。

ちなみにつま先部は布っぽいファブリック地で、足をくるんでる部分はナイロン生地。どちらも防水です。

雪国に行けば、かなりの確率でヌプシブーティーを履いている人を見かけますが、その理由がわかります。

ノースフェイスヌプシブーティーレビュー3

ヌプシブーティーの履き心地

アッパーには上記の素材が使われており、全面柔らかい素材ですので足の一部に負担がかかる等はないですが、全部柔らかいので歩きづらさは多少あります。

また、ソール部に使われている素材は氷点下でも固くならない素材が使われています。

ただ、ナイキなどのスポーツブランド、スニーカーに比べると、クッション性等のソールの快適さはありません。

あくまで、雪道を快適に歩ける靴です。

重量は、378gでエアフォース1くらいです。

靴底の厚さは4㎝くらいあります。

ノースフェイスヌプシブーティーレビュー4

ヌプシブーティーのサイズ感

少し大きめ。

普段26㎝のスニーカーを履きますが、これも26㎝を購入。

冬用なので、厚めの靴下を履く想定でも26㎝がちょうどいいです。

素材が柔らかいこともありますし、そもそも余裕をもったサイズ感になっていると思います。

1㎝刻みしかないので難しいところではありますが、ぶかぶかになると紐もないので歩くのが相当疲れます。

最悪インソールを入れれば多少の調節はできますが、なるべくジャストで履きたいところです。

ノースフェイスヌプシブーティーレビュー5

冬に間違いない一足

これを一つ持っておけば、冬に大雪になろうと怖くない一足。

持っていて損はないです。

ノースフェイスヌプシブーティーレビューアイキャッチ
最新情報をチェックしよう!