【切りっぱなしのスポンジ】サカイ、カウズ、コラボのブレーザーローのレビュー

サカイ、カウズ、コラボのブレーザー

2019年の春にサカイとナイキのコラボでできたブレーザーが、カウズも入れたトリプルコラボで2021年冬に発売されました。

ナイキのスニーカーズで、こちらの赤をいただきました。ありがとうございます。

まぁ、サカイのブレーザーにカウズのバツバツがついた感じです。

色々ディテールを残しますので、見ていってくださればと思います。

ディテール

色々な素材が組み合わさっています。

タグの表記には、天然皮革、人工皮革とありますので、両方使われています。

見た感じ、全体を覆うえんじ色は人工皮革のような気がします。

履き心地としては、基本はブレーザーなので、ローテクのクッションで、アッパーも色々とついていることもあり、普通のブレーザーより硬い印象です。

また、重さも結構あり、片足451gです。(普通のブレーザーローは320gほど)

踵の部分なんて底を見ると、すごい重なっていて、普通のブレーざーのアウトソールからかなり厚みが出ています。

切りっぱなしのスポンジ

タンが切りっぱなしなのは、ブレーザーや昔のスニーカーは多いのですが、今回のはライニングも切りっぱなしです。

ハイカットを切った感じで、結構厚みのあるスポンジです。

ここは、脱ぎ履きしていくうちにボロボロになっていく、というか履きづらい仕様ですね。

裏地は普通にナイロンで、接着剤でくっついてるだけって感じです。

一回履いただけで、ちょうっとめくれてしまっています。

面白い見た目ではあると思いますが、これはちょっと困るな…と思います。

ちなみに、普通のブレーザーローは下記のライニングです。

サイズ感

普通のブレーザーではありますが、めくれ上がっている分、伸びたりできませんので、決まった形で固定されています。

横が広がらないのは考慮した方が良さそうです。

ブレーザーのサイズ感は下記よりどうぞ

その他

タンは二重で、ナイキ、サカイにバツバツがついています。

タンは下まで二重になっています。

シューレースも二重で、穴がいつもより大きくなっているため、通しやすくはなっています。

正直、青のカラーが本命ではありましたが、赤の方が落ち着いた色合いで、使いやすそうだなと思います。

前からサカイコラボのスニーカーは斬新なデザインで一足は欲しいと思っていましたので、今回手に入れられてよかったです。

最新情報をチェックしよう!