スニーカーレビュー

ニューバランスMLC100(コンプ100)のレビュー【サイズ感、履き心地】

投稿日:2020年7月18日 更新日:

ニューバランスCOMP100とは?

1978年にニューバランスが初めて競技用シューズとして発売した靴です。

クッション性と軽さを兼ねそろえた性能で、翌年のボストンでのマラソン大会では上位10人中5人履いていたいう伝説のシューズです。

甲からソールへとレザーがつながっていることでホールド性がありながらも、トー部分のレザーから隙間があることで屈曲性もあり、足への負担が減ります。

今回のレビューのスモークブルーがオリジナルカラーとなっています。

コンプ100の履き心地

今回のこのコンプ100の価格は1万+税。

この年代の似たようなモデルは各メーカーでたくさんありますが、価格は安い方。

ニューバランスの履き心地の良さは知っていますが、価格的にも大して期待はしていませんでした。

が、履いてびっくり。

めちゃくちゃいいです。

ニューバランスの3万するモデル程とは言いませんが、足と靴が一体化する気持ちよさは健在で、同じ年代の似たようなスニーカーと比べると、全く別物?と思うような履き心地です。

アッパー

上記にも書いたように甲部分からソールへのホールド感、一体感がすごくあり、かといってレザーに隙間があるため屈曲性もあります。

レザーの質もよく、ナイロンもしっかりしたもので簡単には履きじわもつかなそう。

重量は、277gですごく軽いです。

ライニングには天然レザーが使われていて、フィット感がすごくいいです。

クッション

EVA素材が使われていますが、適度に柔らかく、アウトソールのゴムも柔らかめな気がします。

靴底の高さは、2.8㎝ほど。

インソールにオーソライト(当時はなかった)を使っていること(多分オーソライト、もしくは似た素材)もあり、蒸れにくく、クッション性も心地よく感じます。

コンプ100のサイズ感

ニューバランスには、つま先部の大きさがSL-1とSL-2とがあり、大きめと小さめがありますが、このモデルにはありません。

大きさ的には、小さめのSL-1に近いです。シュッとしています。

ワイズはDと表記されています。これ以外はなさそうですね。

サイズ感として、長さはしっかりあるのですが、m1500くらい細目と思います。

お値段以上、コンプ100

1万円と思えないコストパフォーマンスです。

70年代のシューズとしてもとてもいい履き心地ですし、他のメーカーの似たモデルと比べるとワンランク上のスニーカーだと思います。

デザイン的にも色んな服装に合わせられますし、すごいおすすめのスニーカーです。

-スニーカーレビュー
-

Copyright© wonderland of barbara , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.