スニーカーレビュー

ジョーダン11プラチナムティントのサイズ感、履き心地レビュー

投稿日:2019年12月11日 更新日:

特殊なジョーダン11

ジョーダンシリーズでも特に人気のあるジョーダン11。毎年年末にに1、2足だけ発売されます。リリースが連発されないのも特別な感じでいいですよね。

今回のレビューのカラーはプラチナムティント。素材が普段と違いますが、その辺も含めレビューします。

素材

普通のジョーダン11の素材はパテントレザー(エナメル)とメッシュですが、 今回のレビューのプラチナムティントはヌバックレザーとメッシュです。

ジョーダン11といえばパテントレザー。パテントレザーであることが喜ばれるスニーカーはこのモデルしか聞いたことがないです。

ヌバックを使われたこのジョーダン11。賛否分かれると思いますが、自分はこれはこれでかっこいいと思います。ブーツっぽさが増して新しい魅力を感じます。

また今回のヌバックは、スニーカーのレザーのような柔らかさというより、ブーツのような形をしっかり形成するように固めになっていますので、そうとう履きこまないと足に馴染んでこないと思います。

ジョーダンのサイズ感

上記理由より、素材は違えどサイズ感は同じです。

そしてジョーダン11は、つま先が細いです。ジョーダン1なんかと同じように考えてもいいと思います。それに加えて伸縮しない素材のため、ぎりぎりの方は気を付けた方がよさそうです。甲の高さ等はそこまで余裕があるかなといったところです。

自分はどのスニーカーも余裕をもって26㎝で履いていますが、ジョーダン11で歩いていると、レザーとメッシュの境目がわかるくらいぱつっとします。厚めの靴下を履くとほんとパンパンになります。

ただつま先が細い以外はそうでもないです。ダンクと比べても長さ自体はありますよね。てか、ダンクより長いですね・・・。

重さと底の厚さ

重さは片足396g。当時のバッシュなら軽めですかね、当時のランニングシューズの普通は350gくらいかと思います。

底の厚さは3.5㎝でちょっと厚めです。

素材は違えど、変わらずの履き心地

素材は違いますが、履き心地は同じです。クッションのエアーも柔らかめに入っていて心地いいんですよね。

パテントレザーじゃない分、すぐ汚れるのし雨は困ります。そこはすごく困ります。

ただ、ヌバックレザーがどんどん足に馴染んでいくのが楽しみでもあります。 ジョーダン11はビジブルエアーじゃないのであまり加水分解も気にならないですしね。

新しい魅力のジョーダン11

もともとフォーマルなブーツのようなバッシュをコンセプトとして作られていますので、素材の違うのもいいと思います。

これを機に、色々なジョーダン11が出てきてくれたらいいなと思います。

-スニーカーレビュー
-

Copyright© wonderland of barbara , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.