スニーカーレビュー

洗練されたデザインのジョーダン13レビュー

投稿日:2019年12月23日 更新日:

He Got Game

個人的にジョーダンで一番好きなジョーダン13、「He Got Game」です。 ネーミングの由来は 「He Got The Game」 という映画からきています。

13までのジョーダンの中で最軽量でズームエアを搭載。97年ジョーダンが現役最後のシーズン履いていたバスケットシューズです。(最後のゲームは14を履いていた。)デザインはティンカーハットフィールド。自分の中では、漫画「あひるの空」でトビが履いていることで有名。

洗練されたデザイン

なによりもこのデザインは素晴らしい。ジョーダン11.12とスタイリッシュになっていったジョーダン。その辺りのジョーダンの方が個人的に好きです。

普通の考えからこのデザインが生まれないだろうなってところが好きです。

サイズ感はやはりジョーダン

サイズ感はジョーダンって感じにつま先が細いです。

写真を見てもらっても、ダンクと長さは変わらないもののつま先がしゅっとしているのがわかるかと思います。

横幅、甲はそれほどですが小指のあたりが窮屈に感じるので気になる方や、足形が横に並んでいる人なんかは注意が必要です。

履き心地よし

ジョーダン13はオールレザーなんで蒸れやすいです。タン部分は穴が開いていますが、真夏は注意が必要。冬は逆に暖かい。冬って使用頻度バッシュ多めになるのはスニーカーあるある?

ズームエアーが厚めにかかとと、つま先にも入っています。ズームエアーなので反発強めで心地よいです。つま先のズームエアー強めなの珍しいです。

重さと底の厚さ

靴の重さは片足409g、当時のバッシュならこのくらい、少し軽いくらいかと。

エアマックス1やゲルライト3は350gくらいです。

底の厚さは約3.5㎝、エアマックス1と同じくらいです。

気になる点

他カラーのジョーダン13もそうでしたが、この写真のようにソール部分が外側が覆いかぶさるようになっています。また、アウトソールのカラーのはみだしも気になりました。もう少しクオリティをとは思いました。

見えないところなんで全然いいんですけどね

jordanの一つの最終形

ジョーダン13は現役最後のシーズン履いていたバッシュとして、履き心地、見た目的にもたどり着いた感を感じます。とりあえずかっちょいいです。

買うときはサイズ感はちょっと気を付ければ、とてもいいスニーカーですので、皆さんもぜひお試しください。

-スニーカーレビュー
-

Copyright© wonderland of barbara , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.