プーマクライドレビュー

プーマ クライドのレビュー 【スエードとの違いは?サイズ感、履き心地は?】

プーマ クライドとは

プーマクライドのレビュー

プーマクライドとは、1973年に誕生したプーマのバスケットシューズ。

1968年のプーマスエードに惚れた、NBA選手ウォルト・クライド・フレージャーがスエードでバッシュを作ってほしいと依頼してできたシグネチャーモデルです。

いまやスエードもクライドも同じようなプーマのスニーカーとして販売されていて、違いもほぼないので、見た目で二つを判断するのは難しいですし、名前以外の違いを知っている人も多くないと思います。

私も全然名前しか知りませんでした。

プーマクライドの横

スエードとの違い

調べてみたら、ヒールのプーマキャットがいなかったり、単にサイズが刻印されていたり、サイドのPUMAの金のロゴの下がスエードかクライドかの違いはあるようですが、年代やモデルによって変わりますので一概に言えません。

基本的には、クライドの方が高くて素材感が高級ってことだそうです。

プーマクライドとスエードの違い

元にこのモデルはクライドで鳩マークで有名なステイプルとのコラボモデルですが、ヒールのプーマキャットはいますし、タンの刻印はないですし、もはや横のPUMAのロゴすらありません。

定価2万くらいだったので高級ではあります。

関連記事

PUMA the archive90681(スエード)1970年後半から1980年台前半に生産されていたプーマスウェードを忠実に復刻。当時、生産されていたユーゴスラビア製をベースに復刻した事を表現するために、当時使[…]

プーマバスケット

サイズ感

少し横幅、つま先は狭め、土踏まずが高いです。

ダンクとかに比べると0~0.5アップかと思います。

90681のラインナップよりは特につま先は広めです。

プーマクライドのサイズ感

履き心地

正直モデルによると思いますが、基本プーマのレザーは上質で気持ちいいです。

ソールはゴム底ですので、それなりのところ。

プーマクライドの履き心地

重さと底の厚み

靴の重量は片足336g、ちょっと軽い。

かかとの底の高さは約2.5㎝、薄めです、同じコートタイプのスニーカーであればこのくらい。

プーマの名作、クライド

今もプーマで一番有名で履かれているプーマのスエードとクライド。

色んなファッションとも組み合わせれるおすすめスニーカーです。

プーマクライドレビュー
最新情報をチェックしよう!