シューシェイムの使用レビュー

【スニーカークリーナーのレビュー】SHOE SHAME(シューシェイム)の感想

SHOE SHAME(シューシェイム)とは

シューシェイムのレビュー

約40年にわたってシューケア用品の製造・販売を手がけてきた会社が、2018年10月スウェーデンで設立したブランドです。最先端のテクノロジーで天然由来成分を使用し、効果の持続性に優れた品質の高い商品で、汚れを落とすクリーニングジェルや保護スプレーなどをラインナップ。印象的なパッケージデザインはスウェーデンにおいてもっとも名高いデザイン賞とされる「Guldägget 2019」で「シルバーメダル」を受賞しているほか、世界三大広告賞の1つ「One Show(The One Show)」にもノミネートされておりギフト用にも最適な商品です。

https://shoeshame.jp/

スニーカーのクリーナーメーカーは色々とありますが、最近たまに見るシューシェイムさん。

パッケージもかわいくて、気になっていましたが、今回クリーナーを手に入れたのでレビューしてみたいと思います。

シューシェイム中身-1

洗うスニーカー

今回洗うスニーカーはオニツカタイガーのタイガーアリー。

もともと中古でレザーの色も落ちた状態でしたが、仕事で土、泥、油ををかぶり、もう真っ黒(もともとオレンジ)

洗う前のスニーカー

ぼろっぼろです。

これが、どこまでよみがえるのか検証してみたいと思います。

シューシェイム中身-2

洗い方

箱に洗い方書いていますが、全部英語でわからず。

パッケージの裏側

外ビニールのシールに一応日本語で書いてくれています。

日本語説明

ブラシに洗剤を付け、ぬらしながらブラッシングしていき、浮き出た泡を適度布かなんかでふき取ります。

クリーナー使用画像

汚れが凄かったので、最終的に私は水で洗い流しましたが、多少洗剤を残した方がよさそうです。

レザーに必要な、水分や油がなくなってしまったりしますし、活性剤も含まれています。

クリーナー使用画像-2

成果

かなり綺麗になりました。

洗いあがり比較-正面

最初に言いましたが、もともと汚れがなくても色落ちしたボロボロのスニーカーでしたので、それを考えれば元通り。

洗いあがり比較-上
洗いあがり比較-横
洗いあがり比較-後ろ

シューシェイムの中身

クリーニングジェル

素材は全素材OKとのこと。

今回スエードでやりましたが、ダメージや色抜け等感じられません。

逆に前より潤いがでたような。

レザーの洗いあがり

ブラシ

柔らかめと硬めのブラシが付いています。

基本は柔らかい方で、縫い目などを硬い方で使ってくださいだそうです。

レザーなら、かなりゴシゴシやっても大丈夫。

タンのナイロンの部分もおもいっきりやりました、多少生地が荒れた感じはしますが見た目は変わらず。

皆さんは優しくやりましょう。

ナイロンの洗いあがり

コインランドリーとの比較

そもそもその靴、どんだけ汚れてんねん。きれいになったかわからんわ。

という方のために、比較対象として近所のコインランドリーでもう片っぽを洗ってみました。

コインランドリーとの比較-前

右がシューシェイムで洗ったもの、左がコインランドリーです。

コインランドリーとの比較-上
コインランドリーとの比較-横
コインランドリーとの比較-後ろ

シューシェイムの方が汚れが落ちていますし、レザーの潤いが残っているのがわかります。

靴へのダメージは軽減されていると思います、レザーの柔らかさも違います。

スニーカークリーナーを使ってみて

さすがに専用のクリーナーは違いますね。

他に違うスニーカークリーナーでも、今後比較してみたいと思います。

シューシェイムの使用レビュー
最新情報をチェックしよう!