エンド.クロージングの関税

【送料無料】海外エンド.クロージングでの購入記録【スニーカーの発送は?関税はいつ払う?計算は?】

海外スニーカーショップ、エンド.クロージング

海外スニーカーショップ、エンド.クロージング

イギリスのセレクトショップ、エンドクロージング。

スニーカー界隈では日本でも有名なお店ですね。

スニーカー以外でも、アパレルも結構売っています。

エンドとコラボのスニーカーも色々なメーカーと多く出ています。

送料無料キャンペーン

今回購入したのはブログにも書いた、プーマのブルーバードとマドリッドです。

送料無料(関税も?)のキャンペーンをやっていたため、買ってしまいました。

どっちにしようか考えた末、両方いってました。

このキャンペーンは最近ちょくちょくやっています。

24時間限定とかいって。

普段は3万円以上の購入で無料、もしくは1,600円かかります。

以前まで2,200円だったのですが、送料下げたように思います。

送料無料キャンペーン

海外での商品価格

商品の価格についても定価自体安くなっていることがあります。

今回のプーマのブルーバードは、国内マグフォリアさんのみの販売でしたが、13,000円+税。

エンドさんでは10,469円でした。

こういった価格の変動は、円高円安の通貨の変動によって変動は起こりますが、メーカーによってもこのようなのが起こりやすいところもあります。

アディダスとか、ニューバランスは国内より海外が安くなりがち。

m1500とか2万円くらいで売っていますからね。

海外で買うことの一番のデメリットは送料や関税が高いこと、それがなければ海外のほうがだいたい安いです。

海外での商品価格

今回の関税

上記送料無料キャンペーンは送料のみです。

関税はしっかり取られました、5600円です。

フェデックスさんより郵送で届きました。

最近エンドさんで関税がかからなかったと聞いていたので、淡い期待をしていましたが、ちゃんと来ました。

今回の関税

スニーカーの関税の計算について

関税についてですが、調べると色々と情報が出てきてなにがなんだかよくわかりません。

基本革が使われていると関税は高くなるとか、革の原産国によって比率が変わるとか、1万円以下はかからないとか、最低4,300円だとか。

一応ざっくりの計算を言うと。

購入金額の×0.6の金額(課税対象)に〇%のが関税となります。

この〇%が素材よって変わります。

革靴(ブーツ)は30%。

革を使ったスニーカーは27%。

布系のキャンパス素材は8%。

今回の私の場合、20938円×0.6≒12563円(レート等で誤差は生まれます。)

これが課税対象となる金額。

ここから、12563円×0.27≒3240円と関税が出ました。

その足した分に0.10掛けると消費税です。

(12563円+3240円)×0.10≒1480円

なんか一つ一つ端数は切り捨てられ、3200+1400=4600円

と、手数料1000円で、今回の支払う5600円となりました。

スニーカーの関税の計算について

関税はいつ払う?

関税のかかる場合は、配達員に徴収されるか、支払い用紙がポストに投函されるので、それで支払えば大丈夫です。

今回は、商品が届いてから17日後にポストに入っていました。

届いてから1週間以内に支払いましょう。

関税はいつ払う?

発送、到着まで

ちなみに今回、商品が届くまで、6日でした。

土曜日の15:00くらいに購入し、21:00くらいに発送したよってメールが来てました。

イギリスとの時差は9時間ほど日本が早いので、21時はイギリスで昼の12時。

午前中にやってくれたのでしょう。

そこからフェデックスで飛んできました。

最初の予定は木曜日でしたが、少し遅れて金曜日の夜帰ったら、宅配ボックスに入っていました。

今まで国際郵便は対面受け取りしか許してくれなかったのですが、コロナの影響なのか、普通に置いていってくれました、助かります。

発送、到着まで
エンド.クロージングの関税
最新情報をチェックしよう!