【海外限定】プーマ マドリッド(ロンドン)のレビュー【履き心地、サイズ感】

プーマ マドリッドとは

プーマ,マドリッドのレビュー

前回ブルーバードとほぼ同時期、1983年にトレーニングシューズとして発売されたマドリッド。

今回シティパックで発売された、ロンドンカラー。

海外限定です。

マドリッド(ロンドンカラー)

シティパック ロンドン(海外限定)

今回のこのカラーもまた素晴らしいです。

パープルよりはバイオレットなんですが、明るくて薄い優しい色。

派手なカラーなんですが、落ち着いていながら鮮やかで見とれる発色です。

海外限定

これは国内未発売で発売されていたことも知らなかったのですが、

色々な人のユーチューブやインスタを拝見して知り、欲しくなり、前回ブルーバードとどっちかにしよう思ったのですが、気が付いたら両方いってました。

でも実物見たらまたまたいいです。素晴らしい配色だし発色です。

マドリッドの横画像

履き心地

マドリッドに関しては、スエードとかと作りも履き心地も似ています。

つま先のパターンが違うのは、もとがバッシュとトレーニングシューズ(フットサル系)の違いかなと。ソールもガムソールですし。

マドリッドの履き心地

スエードの質は毎度プーマさんのことですが良いです。

かかとからの写真

履き口周り

履き口周りはシンセティックレザーです。(天然がよかったなー)

履き口周り

タンの裏生地にもレザーが縫われており、これが気持ちいいですね。

蒸れそうですが。

タンの裏

インソール

前回レビューしたブルーバードもそうですが、着脱できないインソールとなっており、微妙に弧を描いているカップインソールになっています。

また、ザラザラとした目の粗いインソール素材なので、速乾性がよさそうですし、中で足が滑らなそうです。

インソール

サイズ感

こちらもブルーバードのサイズ感と似ており、0.5㎝小さいの選んだかなって感じです。

単純に持ってるスエードとアウトソールを合わせてみると、全体の縦の長さが1㎝くらい、横幅は0.5㎝くらい小さい作りです。

サイズ感

ブルーバードほどもっこりしたシルエットではないことからもわかるように、横幅も少しタイトです。

スエードの90681くらいの横幅のタイトさです。

アウトソール

ブルーバードと比較

今回一緒に買ったブルーバードと見ていると、レザーの素材感からサイズ感等、同じ規格なのだろなと思います。

関連記事

プーマ ブルーバードとは1978年から6年くらい販売されていたプーマのトレーニングシューズ。おそらく日本では販売されていなかったモデルです。日本では、形や素材が同じで色だけ違う、ブルースター、レッドスターが[…]

あと多少の粗さが見えるなぁとも思います。

ブルーバードは目で見てわかるくらいつま先が歪んでいます。

スエードの発色や素材感が良いだけに残念だなと。

ブルーバードのつま先

ま、ニューバランスの3万するスニーカーでも、たまに左右のタンの長さ違ったりとかありますからね。

プーマのモノづくりへ対してのこだわりや思いはとても熱いものがありますので、これからもいいものを届けて頂きたいです。

ブルーバードのつま先のアップ

ちなみに今回の箱はスペシャルな箱です。

昔のプーマのボックスのデザインですよね。

素材はアーカイブのベージュ箱と同じ硬い箱です。

ボックス

シューレースのをアムステルダムのオレンジにしてみましたが、微妙に色違いますね。

紐がちょっと濃いというか、暗めです。

紐を変えた写真
最新情報をチェックしよう!