紐の結び

【特にニューバランス】スニーカーの紐長さが長い理由

理由があった長さの長い紐

たまに、スニーカーを買ってもともと通っている紐が長い時はございませんか?

普通に蝶々結びしても踏みそうになるくらいの靴。(特にニューバランス)

一応理由があると言われています。

それは結び方です。

関連記事

ニューバランスの新しい形 今から30年前の1989年誕生のm1500。当時のフラッグシップモデルとして、m1400よりも先に出たモデルでした。(m1400が量産することに手こずって販売まで時間がかかったため) […]

m1500レビュー

想定のスニーカーの紐の結び方

普通、紐を通して上まで来たら正面で蝶々結びします。

これは想定の結び方ではありません。

ランニングシューズには基本、一番上に紐を通す穴が二つついています。

これを使っている人はランナー以外そういないと思います。もはや存在に気付いていない人もいるかもしれません。

ニューバランスのスニーカーはほぼランニングシューズとして作られています。その他にもナイキのエアマックス等や、アディダス、プーマ、リーボック等ランニングシューズとしてもともと作られた靴にはついています。

それで、なぜ穴がふたつあるかというと、途中で紐がほどけないように特殊な結び方ができるように空いています。

それがこれです。

紐が短くなりましたね。それでも長いですか?それはもう知りません。。。

他にもアレンジして違う結び方もあるかもしれませんが、ポピュラーなのはこれです。

結び方手順

結び方を説明しますと

一度手前の穴を裏から入れて、奥に帰っていきます。すると写真のようなわっかができます。

そのわっかに紐を通します。反対側からの紐を通すことになります。

わっかを通して、中央で蝶々結びをします。なので結果ここで左右2往復します。

普段履きには・・・

ただ、普段履く分には、緩めたりが簡易にできず脱ぎ履ぎがしずらいです。

紐がほどけやすくて困っている人は試してみるのもいいかもしれません。

紐の結び
最新情報をチェックしよう!