スニーカーレビュー

【復刻】ナイキエアマックス3(airmax90)のサイズ感、履き心地レビュー

投稿日:2020年8月16日 更新日:

エアマックス3(90)とは

エアマックス90です。

初代エアマックスが1987年に発売され、エアマックスライト、3つ目のエアマックスが1990年のエアマックス3です。

今回の復刻は30周年のアニバーサリーで、相当当時の仕様に寄せて作られたそうです。

当時の物を持っていなかったので、どこがどうと比較を言えません、すみません。

デザインはティンカー・ハットフィールド。

エアマックス90のデザインは秀逸です。

オリジナルカラーのレーザーブルーです。

履き心地

当時と同じ、全体人工皮革です。

人口皮革は柔らかく、最近の感じのシンセティックレザーです。

ここは別に当時に寄せずに、天然皮革にして欲しかった。

メッシュも当時に似ています。

タン、足首周りのパッドはかなり厚めに入っています。

アッパーの履き心地はまとめていい感じです。

硬さや痛さ等はないです。

重量は片足384g。多少重さはありますね、履いていてそこまで重さは感じませんが。

クッション

エアマックス90のエアーはマキシマムマックスエアーと当時呼ばれ、エアマックス1からのビジブルエアーが30%ほど大きくなっています。

ビジブルエアーが目立つように周りにTPU素材でカラーを付けられたり、色々と当時の技術で工夫されています。

クッションは、パンと張ったエアーよりも、ぐっと沈み込むエアーです。

歩いてクッションを多少感じます。

かかとの底の厚さは4㎝ほどです。

サイズ感

ナイキのランニング系のサイズ感です。

今までのエアマックス類なら同じサイズ感で大丈夫です。

縦の長さは少し短め、幅も少し細目ですがそこまで細くないです。

パッドが多く入っているのでそこで少し窮屈感は感じます。

復刻仕様

サイズ表記のタグは当時の物となっています。

インソールに普通のタグもついています。

ライニングにusサイズの数字がプリントされています。

インソールは靴に沿った感じ。

裏はアウトソールのようになっています。

キーホルダーとよくわからないおまけがついてきます。

エアマックス3の復刻

今回エアマックス3の復刻は、何年も前から楽しみにしていました。

このレーザーブルーも復刻してくれて嬉しいです。

一番有名なインフラレッドも今年復刻予定ですので楽しみです。

-スニーカーレビュー
-

Copyright© wonderland of barbara , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.