【co.jpとは】エアフォース1のウィートモカの復刻

2001年のウィートカラーの復刻

エアフォース1のウィートカラーはここ5年くらいは毎年発売されている鉄板カラーです。

秋冬には扱いやすいですよね。

このエアフォース1のウィートカラーが初めて発売されたのは、1998年、ミッドカットとされています。

その後2001年に、今回のウィートモカが出ました。

それから2014年まで出ていなかったみたいです。

表記名

今回の復刻はretro SPと表記されています。

ちなみにこの表記の意味は下記にて

関連記事

ナイキの箱の商品名の後の表記ナイキのスニーカーの商品名の後につく表記を見たことがあるでしょうか?nike airmax 95 QSこれでいうと”QS”です。他にもOGやSEなど探せば色々とあります。とりあえ[…]

retro表記

2001年と比べて、全然違うとかいう人もいると思いますが、SPなんで。ってことで。

co.jp

ちなみに今回はco.jp企画。

co.jpとはコンセプトオブジャパンの略で、日本企画でよかったものを復刻していくシリーズ。

少し前だと、ダンクの温故知新、ミスマッチ、ワットザ。

最近のバイオテック、プラム、べニアなんてありました。

ジョーダン1でもジェラルミンケースに入っているシリーズがそうでしたね。

ちなみにインソールにco.jpの表記はありません。

素材感

ヌバックレザーで結構素材感いいんじゃないかと個人的には思っています。

結構厚めのレザーでしっかりしています。

なぜか、僕のはトーボックスの厚みが左右違うみたいで、しわが全然違くついてしまいました。

結構個体差ありそうですね。

ナイキはそんなもんなんで仕方ないです。

エアフォース1のサイズ感や履き心地は下記にて

関連記事

安心する履き心地のスニーカー、エアフォース11979年にエアーテイルウインドが初めてエアーを搭載され、1982年、初めてバスケットシューズにエアーが搭載されたのがこのエアフォース1です。ナイキの歴史的にも、それと関[…]

エアフォース1レビュー

ウィートモカのかっこよさ

個人的にソールまでワントーンのスニーカーって面白くないと思ってしまうんですが、ソールがクリアだったり、アウトソールやライニングがダークブラウンであることで一辺倒ではないのに統一感があって、普通にウィートカラーのスニーカーでありながらセンスが光るなって思います。

日本らしい粋が見えるスニーカーと思います。

あと、個人的にエアフォース1が好きです。

最新情報をチェックしよう!