TAG

nike

ナイキのリアクトフォームの履き心地とは【もっちりクッション】

念願のナイキリアクトフォーム 今更ながらナイキのリアクトフォームを初購入、初体験しましたのでレビューします。 とある密林サイトで安くなっていたので、ポチってしまいました。 ナイキリアクトエレメント87です。 2年くらい前からナイキの新クッション素材リアクトフォームが登場し、ランニングシューズやバスケットボールシューズにも使われ、普段履きシューズもこのリアクトエレメントやリアクトプレスト等登場してい […]

【原因と対策】エアジョーダン1と加水分解について【する?しない?】

加水分解とは 加水分解とは物質に水分に反応し化学変化を起こし、物質が変わり分解されることです。 簡単に言うとこうなります。 https://8469sneakers.com/broken-sneakers/ 加水分解するとその物質は違う物質に変わっているので戻すことはできません。(できる人は違うもの新しいものでリペアなんかされたりしますが) また、はっきりいって止めることもできません。 遅らせるこ […]

ナイキのアルファプロジェクトとは

最先端と革新的なデザイン https://undefeated.jp/blog/20190712_nikeshox_nowzen023/ ナイキが1998年にスタートさせた新規格、アルファプロジェクト。最先端で革新的なデザインと最高のプロダクトを目指したプロジェクト。 今までになかったデザイン、そして今につながっているようなデザインが多いです。 このプロジェクトのマークはファイブドット。 アルファ […]

【サイズ感、履き心地】ナイキ エアマックス1のレビュー

ナイキのエアマックスの始まり 今でも最新モデルが出ているナイキの名作エアマックス。 その最初のモデルのエアマックス1は、1987年発売ですが、今でも新しいカラーやコラボが次々と出ては売れる人気スニーカーです。 今回のレビューもコラボモデルで、リバティ・ロンドンとのコラボで、花柄で有名です。他にも色々なモデルでたまにコラボしています。 ウィメンズモデルで、相当履きこんでいます(汚くてごめんなさい)が […]

【構造と特徴と歴史まとめ】ナイキのズームエアとは

ズームエアの登場 1995年のエアマックス95のスニーカーブームの最中、ナイキは新しいエアーが開発されます。 95年発売エアズームLWPにテンシルエアが搭載されていたが、それを起源とし、96年エアズームアルファに搭載されたのがズームエアです。 https://undefeated.jp/blog/20190411_nikeairzoomalpha_nowzen018/ ズームエアの特徴と構造 ズー […]

歴代エアマックスの歴史まとめ②【ナイキのハイテクエアー】

360エアー エアマックス360 2006年発売。360°横のどこからでも見えるビジブルエアー。 こうなってくると、もうミッドソールはもうほぼエアーです。 エアマックス2015 多少時代は飛び、2015年。 細かい進化を続け、履き心地はさらに向上。アウトソールもクリアで、どちらかというと、エアーにアウトソールが付いた感じになっている。 このくらいになると、アッパーにフライニットが使われ始める。 ヴ […]

歴代エアマックスの歴史まとめ①【エアーの種類、名前】

ビジブルエアー(マックスエアー) エアマックス1 初代エアマックスが登場したのは、1987年。今から33年前です(2020年現在)。初めてビジブル(見える)エアを搭載したモデルです。 ちなみに一番最初の初期ロットのものだけ、横のエアーの窓が少し大きかったみたいです。 デザイナーは、ティンカー・ハットフィールド。 エアマックスデー このエアマックス1が発売した3/26がエアマックスデーとして、毎年イ […]

90年代後期のハイテクスニーカー、ナイキエアズームスピリドン

当時の最新技術とデザイン 1997年にナイキの当時最新技術である、薄くて軽量で高反発のエアー、ズームエアーを搭載したランニングシューズ、エアズームスピリドン。 今回レビューのこのモデルはスタッシュとのコラボモデルです。 デザイナーはクリスチャン・トレッサー。リーボックのアズトレックや、同じ年代に出たナイキエアマックス97のデザインも同じ人です。 履き心地 ズームエアーのおかげ、またインソールがグミ […]