TAG

nike

NIKELAB(ナイキラボ)とは

世界7つのナイキラボMA5 NIKELAB MA5 「NikeLab(ナイキラボ)」とは、最新イノベーションやスポーツスタイルなどを発信するべく作られたナイキの新しいプロジェクトです。 ネットショップと実店舗が世界で7店舗で、日本の青山にできたMA5もその一つです。(住所が南青山5丁目だからMA5) 簡単にいうと、もっと新しい革新的な物をつくる為の場所を作りましょうよでできた場所です。 コラボスニ […]

【サイズ感注意】ナイキ ブレーザー レビュー

コラボ多数、ナイキのド定番スニーカー ナイキのバスケットボールシューズとして、ダンクよりも昔からあるBLAZER(ブレーザー)。 去年(2019年)はsakaiさんとのコラボや、その前にはオフホワイトさんとのコラボなど、今でも人気のあるクラシックなシューズです。 最近では、ヴィンテージ’77として、当時のディテールに近づけたラインでも発売されていて、素材がとても良いらしく欲しいなぁと思っています。 […]

【サイズ感、素材感レビュー】良色のジョーダン1が履ける幸せ【オブシディアン】

エアジョーダン1オブシディアン ナイキを代表するスニーカー、エアジョーダン1。 NBAプレーヤー、マイケル・ジョーダンのシグネチャーモデル第一弾です。 基本的には当時のバスケットボールシューズ、ダンクのルックスを継承しつつ、どこかスタイリッシュでスマートなフォルム。 2020年となってもダントツに人気あるモデルです。 どのカラーリングでもジョーダン1となると即完売で、今回レビューのこのカラーもなん […]

過去最大エアーのナイキ エアマックス720レビュー【サイズ感、履き心地】

最新のエアマックス事情 圧倒的なボリュームのエアー 今回のエアマックス720ですが、まずはこの圧倒的なエアーの高さ。 かかとは真ん中以外エアーになっていますが、4㎝あります。 また、くるっとつま先までエアーが伸びていて、ほぼ一周です。 履いた感想 見た目にもインパクト抜群ですが、履いてみてもインパクト抜群。 ふわんと空気に乗っかった感じで、力を入れると結構沈みます。 エアーってどのエアマックスも結 […]

異質なデザイン性で人気を博したナイキエアクキニを早く復刻してほしい

ナイキアルファプロジェクト 2000年発売のナイキアルファプロジェクトの一つであったエアクキニ。他にエアプレスト、ズームサイズミック、フライトポジット、ショックスと、エアクキニです。 20周年の今年、復刻出てくれないかなぁと心から願う今日この頃、今回ご紹介は09年くらい前に出たナイキクキニフリー5.0です。 これは多分ABCマートさん限定だったような気がします。 フリー5.0ソール エアクキニのア […]

ナイキ ショックスBB4が海外で復刻されたのでレビュー【サイズ感,履き心地等】

皆の憧れだった、Boing.Biong.バッシュ ショックスBB4 1990年後半のナイキのアルファプロジェクトの一つであったショックス。そのショックスのランニングモデルがR4。バスケットボールモデルが今回のBB4です。 一番の見どころは、ショックスとネーミングされている所以である、かかとのバネ(コラム)である。 どう見たって今までにない斬新なクッションで、見る人誰しもなんだこれはとインパクトを与 […]

懐かしいナイキエアプレストの履き心地と特殊なサイズ感

Tシャツのように履くスニーカー 90年代後半に始まったナイキのアルファプロジェクト。簡単にいうと、全く新しいものを作ろうとするプロジェクトで、5つのスニーカーが作られました。 そのエアクキニ、エアズームサイズミック、フライトポジット、ショックスとこのエアプレストです。 その中で一番の中核であり、一番有名になったのもこのエアプレストです。 ショックスについては他に記事書いてますのでそちらでどうぞ 当 […]

【ゆるいサイズ感?】ナイキ エアフォース1のレビュー【安心の履き心地】

安心する履き心地とサイズ感のエアフォース1 1979年にエアーテイルウインドが初めてエアーを搭載され、1982年、初めてバスケットシューズにエアーが搭載されたのがこのエアフォース1です。 ナイキの歴史的にも、それと関係なくともとても有名なモデルです。 一度は履いたことのある人の方が多いのではないかとも思います。 履き心地は正直独特で、重くてどっしり安定感があり、厚底。 そして、ゆったりとしたサイズ […]